Visitors also made our 1st exhibition! Thanks!

7月 22nd, 2011 by inutaku

1 week have passed, after the beginning of our 1st exhibition!

Many people visted for us, thanks!!

This is the wall for messages.
Look, visitors made and evolved our exhibition!

Smile for all.メッセージ

Smile for all.メッセージ

The big fish is going to eat our photo!
Many visitors also joined our exhibition!

Smile for all.メッセージ

There are 2 seals!

Smile for all.メッセージ

Thanks a lot!

This exhibition continues for the last of July.

Smile for all.ありがとう


大きな地図で見る

お客さんがSmile for all.写真展を進化させてくれています!

7月 22nd, 2011 by inutaku

Smile for all.第1回写真展、今日で1週間が終わりました。

ご来場していただいたみなさま、本当にありがとうございます!

なるべく会場にスタッフがいるようにしていますが、みなさんこの写真展を楽しんでもらえている様子が伝わってきて、私たちも本当に「やってよかった」と思っています。

そして予想外にすごいのが、みなさんに感想を書いてもらう場として用意した壁。

初日からどんどん埋まり、1週間ですごいことになっています!

Smile for all.メッセージ

Smile for all.メッセージ

これだけみなさんがメッセージやイラストを書いてくださったことにより、この写真展がまた違ったものにどんどん進化しているような気がします。

例えば、もはや写真展に“参加してくれている”メッセージ・イラストもあります。

こんな風に、写真を食べようとしている魚!(・∀・)

Smile for all.メッセージ

他には、写真とそっくりな(?)こんなイラストも!

Smile for all.メッセージ

みなさんがこの写真展に参加してくださって、一緒に楽しんでくださっていて、私たちもとても嬉しいです。

7/31まで、引き続きどうぞよろしくお願いします!
リピートの方も大歓迎ですし、気に入ってくださった方はどうぞお友達にも紹介いただけると幸いです!

Smile for all.ありがとう

●Smile for all.第1回写真展●
○日時
2011年7月16日(土)~31日(日)12:00~20:00
○会場
野口英世記念会館
東京都新宿区大京町26
最寄駅は、JR信濃町駅・千駄ヶ谷駅、都営地下鉄国立競技場駅
○入場料
無料


大きな地図で見る

朝日新聞・asahi.comに掲載されました(2011.07.21)

7月 22nd, 2011 by inutaku

2011年7月21日、朝日新聞(東京版)の朝刊にかなり大きく載せていただきました!

昨日はこの記事のおかげで、平日にしては写真展もとても盛況でした。

同時に、asahi.comにも同じ記事を載せてもらっています。

asahi.com:水の生きもの みんな笑った-マイタウン東京

ありがとうございます!

朝日新聞

台湾メディア・宅宅新聞に掲載されました(2011.07.14)

7月 22nd, 2011 by inutaku

いつの間にか、中国台湾のメディア・宅宅新聞さんにも掲載していただきました!
(おそらくカラパイアさんの記事をもとに書いてもらったんだと思います)

中国語だと「微笑的海中生物」ということになるんですね(笑)

ありがとうございます!

追記:台湾の写真家の方から中国ではなく台湾のメディアだと教えていただき、修正しました。

Smile for all.《微笑的海中生物》將元氣送到地震災區 | 宅宅新聞 by 卡卡洛普

宅宅新聞

読売新聞に掲載されました(2011.07.19)

7月 22nd, 2011 by inutaku

2011年7月19日、読売新聞さんの夕刊に紹介していただきました。

ありがとうございます!

読売新聞

「震災後、岩手の海はいま」被災地の海の様子を紹介する講演

7月 22nd, 2011 by inutaku

東日本大震災後の現地の海中の様子を写真・動画でレポートする講演「震災後、岩手の海はいま」が行われます。
2011年7月24日(日)15:00~、Smile for all.写真展の会場である東京・信濃町の野口英世記念会館にて。

被災地の海を紹介するのは、三陸ボランティアダイバーズ
岩手県出身のインストラクター・佐藤寛志を中心に被災後の海で清掃・調査をしている方々です(この秋にNPO化を予定しています)。

三陸ボランティアダイバーズ

「三陸ボランティアダイバーズってどういう団体?」という方は、どうぞこちらの特集をご覧ください。

「東北の海のためにダイバーができること」三陸ボランティアダイバーズ特集 « スキューバダイビング.jp

彼らのこれまでの活動内容のほか、津波後に帰ってきた三陸の海の生きものたちも紹介する講演。
また、一般の方々にも参加できるチャリティダイブやボランティア、そして秋の鮭の遡上観察ツアー(サーモンスイム)に向けたご案内もあります。

三陸ボランティアダイバーズ

震災直後から今までの東北の海中の様子が知りたい方、ボランティアに興味のある方など、幅広い方々の参加をお待ちしています。
(ダイバー以外の方も大歓迎です)

詳細は以下のとおりとなります。

●「震災後、岩手の海はいま」 三陸ボランティアダイバーズレポート講演●
○日時
2011年7月24日(日) 15:00~16:00(予定)
※前のイベントの都合により、開始時間が少し遅れる可能性があります
○場所
野口英世記念会館
東京都新宿区大京町26
最寄駅は、JR信濃町駅・千駄ヶ谷駅、都営地下鉄国立競技場駅
○入場料
無料


大きな地図で見る

産経新聞(Yahoo,goo等)に掲載されました(2011.07.16)

7月 19th, 2011 by inutaku

2011年7月16日、開催初日にあわせて、産経新聞さんの朝刊にカラー写真入りで(!)紹介していただきました。

ありがとうございます!

産経新聞・Smile for all.

それにともなって、産経新聞さんの記事をもとに、Yahoo!ニュース、gooニュース、Infoseekニュースでも記事にしてもらいました。

ありがとうございます!

“笑顔”被災地に届け 野口英世記念会館で写真展 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

産経新聞とyahoo!

“笑顔”被災地に届け 野口英世記念会館で写真展(産経新聞) – goo ニュース

産経新聞とgoo

“笑顔”被災地に届け 野口英世記念会館で写真展 – Infoseek ニュース

産経新聞と楽天infoseek

Smile for all.×Footballチャリティーセミナー「日本サッカーの進歩と問題点」

7月 19th, 2011 by inutaku

Smile for all.では、水中写真やダイビングの枠を超えて、主旨に賛同してくださる様々な方とのイベントを企画しています。

今回、「ワールドサッカーキング」など多数のサッカーメディアを出版されているフロムワンさんとコラボしたチャリティーイベントをいくつか開催できることになりました。

2011年7月23日(土)に行われる第1回目のチャリティーセミナーのテーマは「日本サッカーの進歩と問題点」。
サッカージャーナリスト養成講座の名誉学長を務めるセルジオ越後氏を中心に、Jリーグや日本代表の成長と課題をディスカッションいたします。

他のスピーカーは、ウルトラス・ニッポンの植田朝日氏、『Jリーグサッカーキング』編集長の青山知雄氏。
先日ワールドカップ優勝を果たしたなでしこジャパンについても触れられる予定です。

参加を希望される方は下記をご確認の上、こちらの受講申込フォームからお申込みください。
(PCの申込フォーム以外からの受付は行っておりません)

応募多数の場合は、厳正なる抽選の上、受講者を決定させていただきます。
なお、申込者全員にフロムワンさんから当落選通知のメールをお送りいたします。

[日時]2011年7月23日(土)18:30〜20:00(予定)
[会場]野口英世記念会館 2F イベントホール
[出演者]セルジオ越後氏、植田朝日氏、青山知雄氏。
※出演者は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
[参加費]2,000円
※当日受付時に頂戴いたします。現金のみの取扱いとさせていただきますので、ご了承ください。サッカージャーナリスト養成講座の受講者は500円にて参加できます。
※収益の一部を寄付させていただきます。
[定員]100名
[受講申込〆切]7月21日(木)20:00
[主催]サッカージャーナリスト養成講座
[協賛]ワールドサッカーキング、Jリーグサッカーキング、サッカーキング、浦和レッズマガジン、CALCIO2002、totoONE

Smile for all.×Football チャリティーセミナー「浦和レッズのこれまでと、これから」

7月 19th, 2011 by inutaku

Smile for all.では、水中写真やダイビングの枠を超えて、主旨に賛同してくださる様々な方とのイベントを企画しています。

今回、「ワールドサッカーキング」など多数のサッカーメディアを出版されているフロムワンさんとコラボしたチャリティーイベントをいくつか開催できることになりました。

2011年7月24日(日)に行われるチャリティーセミナーのテーマは「浦和レッズのこれまでと、これから——もっと強くなれ、俺たちの浦和レッズ」。

『浦和レッズマガジン』編集長が司会進行を務め、元浦和レッズの水内 猛氏、福永 泰氏、都築龍太氏が、浦和レッズの昨日・今日・明日を語り尽くします。

参加を希望される方は下記をご確認の上、こちらの受講申込フォームからお申込みください。
(PCの申込フォーム以外からの受付は行っておりません)

応募多数の場合は、厳正なる抽選の上、受講者を決定させていただきます。
なお、申込者全員にフロムワンさんから当落選通知のメールをお送りいたします。

[日時]2011年7月24日(日)17:00〜19:30(予定)
[会場]野口英世記念会館 2F イベントホール
[司会進行]島崎英純(サッカーライター、『浦和レッズマガジン』編集長)
[出演者]水内 猛氏、福永 泰氏、都築龍太氏 順不同。
※出演者は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
[参加費]3,000円
※当日受付時に頂戴いたします。現金のみの取扱いとさせていただきますので、ご了承ください。サッカージャーナリスト養成講座の受講者は1,000円にて参加できます。
※収益の一部を寄付させていただきます。
[定員]200名
[受講申込〆切]7月20日(水)20:00
[主催]サッカージャーナリスト養成講座
[協賛]ワールドサッカーキング、Jリーグサッカーキング、サッカーキング、浦和レッズマガジン、CALCIO2002、totoONE

「はるかぜちゃん水中写真を語る」トーク&撮影イベント開催

7月 19th, 2011 by inutaku

人気子役・“はるかぜちゃん”こと春名風花さんが子どもの視点でお気に入りの水中写真について話すトークイベントの開催が決定いたしました。
タイトルは、「はるかぜちゃん水中写真を語る」。
2011年7月27日(水)18:00~の開催となります。

はるかぜちゃん(春名風花)

このイベントは、今回のSmile for all.写真展で展示している写真のうち、13枚の写真についてあれこれ話すトークイベントです。
約140枚の展示写真の中から、はるかぜちゃんが特に好きな写真・興味を持った写真・気になった写真を13枚選んでもらいました。

そのうちの1枚は、例えばこんな写真。

はるかぜちゃん水中写真を語る

司会進行は、スキューバダイビング.jpの編集長でありSmile for all.の共同主催者である犬養(いぬたく)が行わせていただきます。

水中写真はちょっとマニアックな世界だけに、ふつうに語ると小難しい話・技法的な話になってしまいがちなのですが、今回はあえて“子どもの視点”から感じたままを話していただきたいと思い、このイベントを企画しました。
今まで水中写真をあまり見たことがなかったはるかぜちゃんも、実際にSmile for all.の水中写真を見て興味を持ってくれたため、イベントにご協力いただけることとなりました。

「水中写真って例えばどういうもの?」
「今まで水中写真なんてほとんど見たこともない」
という方にも分かりやすいトークイベントにしたいと思っていますので、そういった方々に聴いていただけると幸いです。

また、ご来場いただいた方には、はるかぜちゃんが選んだ13枚のうちのいずれかの写真をプレゼントいたします。
(写真は13枚のうちからランダムでお配りいたします)

さらに、トークイベント後、はるかぜちゃんによるその水中写真へのサイン会&ツーショット撮影会も行います。
(ステージ上で、スタッフがカメラ・携帯をお借りして撮影する形式となります)
そちらもぜひお楽しみに。

以下、このイベントの概要です。
一人でも多くの方の参加をお待ちしています。

●「はるかぜちゃん水中写真を語る」 トークショー&サイン・撮影会●
○日時
2011年7月27日(水)18:00~19:30頃
18:00~18:50:「はるかぜちゃん水中写真を語る」 トークショー
18:50~19:30頃:サイン&ツーショット撮影会
○会場
野口英世記念会館 2F イベントホール
東京都新宿区大京町26
最寄駅は、JR信濃町駅・千駄ヶ谷駅、都営地下鉄国立競技場駅
○入場料
1,000円 (当日の受付でお支払いとなります)
○お申込み
こちらのお申込みフォームからお申込みください。定員に達し次第、締め切らせていただきます。
※お申込み時に、お名前・お電話番号・メールアドレス・参加人数を本文欄にご記入ください。


大きな地図で見る